大神 祐真 (Ohgami Yuma) (サークル名:へにゃぺんて)

目次

1 名刺代わりなページ

1.1 主な活動場所

1.1.1 DONE 最近は使用していない場所

1.2 同人誌

PDF版・HTML版は無料で公開中! EPUB版はBOOK☆WALKERにて販売中

1.2.1 自作OS自動化のPoCとしての遺伝的MBR

gembr_cover.jpgPDF版(表紙画像リンク先と同じ)     HTML版     EPUB版(BOOK☆WALKER)(まだ)

1.2.2 フルスクラッチで作る!x86_64自作OS パート2 ACPIでHPET取得してスケジューラを作る本

x86jo2_cover.jpgPDF版(表紙画像リンク先と同じ)     HTML版     EPUB版(BOOK☆WALKER)(まだ)

  • 初版発行日: 2018/08/10 (コミックマーケット94)
  • 「フルスクラッチで作る!」シリーズ4冊目!ACPI!HPET!スケジューラ!
  • 2005年頃からPCのチップセットに組み込まれるようになった比較的新しいタイマーであるHPETの使い方を紹介します
  • HPETのハードウェア情報を取得するためにACPIの使い方から紹介します
  • HPETで割り込み駆動の周期タイマーの設定方法まで紹介し、それを使ってスケジューラを実装します!
  • サンプルコードは↓で公開しています(GitHub)

1.2.3 フルスクラッチで作る!x86_64自作OS

x86jo_cover.jpgPDF版(表紙画像リンク先と同じ)     HTML版     EPUB版(BOOK☆WALKER)

  • 初版発行日: 2018/04/22 (技術書典4)
  • 「フルスクラッチで作る!」シリーズ3冊目!前著までの内容で作ったブートローダーを使い、その上で動くカーネルとアプリを作る!
  • カーネルとしては、以下を抽象化してアプリへ提供するのみのものです
    • フレームバッファ(画面表示)
    • キーボードコントローラ(キーボード入力)
    • 割り込みコントローラ(割り込み)
    • ファイルシステム(簡易RAM FS)
    • そして、それらを使うアプリとして「画像ビューア」を作ります
  • ブートローダーは前著までの内容で作ったものを使うため、この本から読みはじめてもOK
    • 一部ブートローダーを作る上では説明が不足していた箇所は付録に書いています
  • サンプルコードは↓で公開しています(GitHub)

1.2.4 フルスクラッチで作る!UEFIベアメタルプログラミング パート2

ubmp2_cover.jpgPDF版(表紙画像リンク先と同じ)     HTML版     EPUB版(BOOK☆WALKER)

1.2.5 フルスクラッチで作る!UEFIベアメタルプログラミング

cover.jpgPDF版(表紙画像リンク先と同じ)     HTML版     EPUB版(BOOK☆WALKER)

1.2.6 Ohgami's Commentary on OS5

cover_x240.pngPDF版(表紙画像リンク先と同じ)     HTML版     EPUB版(BOOK☆WALKER)

1.3 出展情報

1.3.1 TODO 2018/10/27-28: オープンソースカンファレンス2018 Tokyo/Fall

1.3.2 DONE 2018/10/08: 技術書典5

10/8(月・祝)の技術書典5に"お07"でブース出展しました!

gijutsushoten5_circlecut.png

↓「自作OS自動化のPoCとしての遺伝的MBR」という本を出しました!

gembr_cover.jpg

内容や目次、表紙等、詳しくはブログ記事をご覧ください!

既刊も持っていきます!

1.3.3 DONE 2018/09/09: 第10回 秋コレ

  • 9/9(日)に秋葉原UDXで開催された第10回 秋コレに「配置:れ16」でブース出展しました!
  • コミックマーケット94の新刊や、それ以前の既刊の再販です

1.3.4 DONE 2018/09/03: 技術同人誌再販Night★#2

  • 9/3(月) 18:00〜21:00で開催された技術同人誌再販Night★#2でブース出展とLTしました!
  • コミックマーケット94の新刊や、それ以前の既刊の再販です
  • LTは「フルスクラッチ自作OSのススメ」というタイトルで当サークルでの「フルスクラッチ」の定義と、ネタとして「日本語シェル」の紹介を行いました

1.3.5 DONE 2018/08/10: コミックマーケット94

  • コミックマーケット94の1日目(8/10(金))に"西め42b"で出展します! c94_circlecut.png
  • 新刊は「フルスクラッチで作る!x86_64自作OS パート2 ACPIでHPET取得してスケジューラを作る本」(過去最長タイトル)です! x86jo2_cover.jpg
    • 2005年頃からPCのチップセットに組み込まれるようになった比較的新しいタイマーであるHPETの使い方を紹介します
    • HPETのハードウェア情報を取得するためにACPIの使い方から紹介します
    • HPETで割り込み駆動の周期タイマーの設定方法まで紹介し、それを使ってスケジューラを実装します!
    • 目次等、詳しくはブログ記事をご覧ください!
  • なお、これまでの既刊もすべて持っていきます!
  • 既刊同様、PDF/HTML版は頒布日以降、このページで公開します

1.3.6 DONE 2018/07/07: オープンソースカンファレンス2018 Hokkaido

1.3.7 DONE 2018/07/02: 技術同人誌再販Night★

  • 7/2(月)の技術同人誌再販Night★でブース出展します!
  • 技術書典4の新刊の再販や、過去のすべての同人誌も持っていきます!

1.3.8 DONE 2018/04/22: 技術書典4

4/22(日)の技術書典4に"け52"でブース出展します!

gijutsushoten4_circlecut.png

↓「フルスクラッチで作る!x86_64自作OS」という本を出します!

x86jo_cover.jpg

  • 「フルスクラッチで作る!」シリーズ3冊目!前著までの内容で作ったブートローダーを使い、その上で動くカーネルとアプリを作る!
  • カーネルとしては、以下を抽象化してアプリへ提供するのみのものです
    • フレームバッファ(画面表示)
    • キーボードコントローラ(キーボード入力)
    • 割り込みコントローラ(割り込み)
    • ファイルシステム(簡易RAM FS)
    • そして、それらを使うアプリとして「画像ビューア」を作ります
  • ブートローダーは前著までの内容で作ったものを使うため、この本から読みはじめてもOK
    • 一部ブートローダーを作る上では説明が不足していた箇所は付録に書いています

目次などはブログ記事をご覧ください!

既刊も持っていきます!

1.3.9 DONE 昨年以前

  1. DONE 2017/12/29: コミックマーケット93

    1日目(12/29(金))のLinuxSearchers(LSS)様の「Linux USER Manizx 2017冬号」へ、「UEFIで始める Linux From Scratch」を寄稿しました!

    当日は売り子のお手伝いもしてました!

  2. DONE 2017/10/22: 技術書典3

    10/22(日)の技術書典3に"か13"でブース出展します!

    gijutsushoten3_circlecut.png

    表紙・裏表紙画像や目次などはブログ記事をご覧ください!

    ubmp2_cover.jpg

  3. DONE 2017/09/09-10: オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Fall
  4. DONE 2017/08/11: コミックマーケット92
    • 1日目(8/11(金))に"東た27b"で出展します!

      c92_circlecut.png

    • 新刊: フルスクラッチで作る!UEFIベアメタルプログラミング
    • 既刊の"Ohgami's Commentary on OS5"も頒布します
    • 既刊同様、PDF版は頒布日以降にこのページで公開します
    • 目次や表紙についてはブログ記事を見てみてください
  5. DONE 2017/07/15: オープンソースカンファレンス2017 Hokkaido
  6. DONE 2017/04/29: 超技術書典
  7. DONE 2017/04/09: 技術書典2

1.4 発表情報

1.4.1 DONE 2018/04/14: Open Source UN-Conference 2018 Kawagoe

1.4.2 DONE 2018/02/24: オープンソースカンファレンス2018 Tokyo/Spring

1.4.3 DONE 昨年以前

  1. DONE 2017/12/02: Cybozu Tech Conference 2017
  2. DONE 2017/10/29: 小江戸らぐ 10月のオフな集まり(第183回)
  3. DONE 2017/09/18: 第8回 自作OSもくもく会
  4. DONE 2017/07/22: 第13回 カーネル/VM探検隊&懇親会@東京
  5. DONE 2017/06/18: Debian9 "Stretch" リリースパーティ in Tokyo
  6. DONE 2017/05/09: Tech Pub vol.3―技術書典ふりかえりLT大会!
  7. DONE 2017/04/15: Open Source UN-Conference 2017 Kawagoe
  8. DONE 2017/04/13: 独自OS委員会第一回公聴会
  9. DONE 2017/03/04: わんくま同盟 札幌勉強会 #1
  10. DONE 2016/12/17: CLR/H #103 ~ クリスマス オブ ザ デッド ~
  11. DONE 2016/12/10: Mini Debian Conference Japan 2016
    • 12/10(土)のMini Debian Conference Japan 2016でLTしました!
    • "フルスクラッチ自作OS(OS5)の紹介"というタイトルで、OS5の紹介です
    • 発表スライドはこちら
  12. DONE 2016/10/22: ゆるくLTをしよう勉強会@旭川
    • 10/22(土)のゆるくLTをしよう勉強会@旭川でLTしました!
    • OS5追加機能紹介の予定でしたが、高校生の方ばかりだったので、「どうすれば自作OSができるのか」という話へ切り替えました
      • 「"自作OS"といっても魔法でも何でも無く、より下のレイヤーに居るICというハードウェアに対して適切にお願いをするプログラムを書くだけ」という話をしました
      • そして時間を超過しました。。
  13. DONE 2016/07/02: CLR/H #clrh101 ~日本の夏、MR の夏~
  14. DONE 2016/06/18: オープンソースカンファレンス2016 Hokkaido
  15. DONE 2016/04/23: CLR/H #clrh99 ~サクラサク~
  16. DONE 2016/04/08: 大人の放課後シリーズ#12:『【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介』

1.6 連絡先

E-Mail
yuma#ohgami.jp (#を@へ変更してください)
Twitter
@yohgami
GPG Key

0xF12327D6 (public key)

pub   4096R/F12327D6 2016-06-18
      Key fingerprint = AC8A A096 31F1 C1F7 3502  C9CA B2F2 C10C F123 27D6
uid                  Yuma Ohgami <yuma@ohgami.jp>
sub   4096R/1D5816B0 2016-06-18

1.7 その他

  • 旧姓: 荒川

2 自作OS

2.1 OS6

  • UEFIベアメタルプログラミングの結果を踏まえ、UEFIファームウェアの機能を直接呼び出す事でOSっぽいものを作っています
  • 対象
    • UEFI + x86_64
    • 実機(ThinkPad、UEFIバージョン2.3.1)

2.1.1 ソースコードリポジトリ

2.2 OS5

  • 自分がこれまでOSについて勉強してきたことの確認の意味で、フルスクラッチでOSを作ってみています
  • 対象
    • BIOS + x86_32
    • QEMU

2.2.1 情報をまとめている場所

3 ベアメタルプログラミング

3.1 UEFIベアメタルプログラミング

  • UEFI+x86_64でのOS自作をフルスクラッチでやれるよう、まずはUEFIの勉強としてベアメタルプログラミングをしています
  • 勉強した結果 => OS6 => 同人誌向けに作り直し => poiOS

3.1.1 ソースコードリポジトリ

3.2 ARM64ビット(AArch64)ベアメタルプログラミング

  • AArch64を試したくRaspberry Pi 3を買ったら、Raspbianは32ビットだったのでベアメタルプログラミングしました

3.2.1 ソースコードリポジトリ

3.4 AGC(Apollo Guidance Computer)ベアメタルプログラミング

3.4.2 その他

  • Code 2016 in 定山渓温泉にて、Virtual AGCのDSKYでGit buttonをつくりました
  • その場でシェル芸との組み合わせででっち上げただけなので、残っておらず。。
    • というより、単体のプログラムというものでもない

3.5 6502(ファミコン)ベアメタルプログラミング

  • アセンブル/逆アセンブルの確認まで

4 Linux

4.1 kernel

4.1.6 file system

5 Emacs

5.2 org-html-themes

6 電子工作

著者: 大神 祐真 (Ohgami Yuma)

Created: 2018-10-20 土 19:19

Validate